EVANGELIONと日本刀展行ってきました!そのうち記事上げます。

失敗しない自家製クラフトビール 仕込み編

失敗しない自家製クラフトビール 仕込み編

さてさて、前回までの
「キット&アイテム編」と「事前準備編」で
十分な準備が整いました。

ここからは一気呵成に仕込みを完了させます。

周辺を見て濡れているところや汚れているところがあれば
きれいにしてアルコール除菌をしておきます。

その他、道具類も使用する前にアルコール除菌してください。

① 缶入りモルトエキスを湯煎する

缶入りモルトエキスを缶切りで開けます。

モルトエキスはかなり濃度があって、
常温のままだと固くて発酵容器に投入しにくいです。

缶の裏にいろいろ書いてありますがこの作り方はおいししくないらしいです…

そこで鍋に水を張って弱火で加熱。
そこにモルトエキスを缶ごと入れて湯煎します。

湯煎して温めることで、トロトロに柔らかくなります。

加熱しすぎると
モルトエキスから風味が飛んでしまうので、
温めてある程度柔らかくなってきたら加熱を止めてください。

② 発酵容器に水とモルトエキスを入れる

じょうご

この工程ではじょうごが大活躍しますので、
しっかり洗ってアルコール除菌しておきましょう。

消毒済みの清潔な発酵容器に
水を4リットル入れます。

そこへ先ほど湯煎して、
ゆるゆるになったモルトエキスを投入します。

ここでモルトエキスの種類によっては、
発酵促進のための砂糖を入れることもあるのですが、
今回使用したBLACK ROCKは
補糖不要なのでこのまま作業を続けます。

③ 水とモルトエキスを攪拌する

水とモルトエキスの入った発酵容器の口に
ラップをかぶせて口をします。

そして、発酵容器を振って中身をよく攪拌します。

泡立って構いませんので、よく振ります。

モルトエキスと水が溶け合ったら、
追加でさらに水を4リットル入れて振り、攪拌します。

この混ざり合った茶色い発酵完了前の液体をウォートと言います。

このあと、イースト菌を投入するのですが、
ウォートの中に十分な酸素を溶け込ませるためにも
攪拌はしっかり行います。

④ ウォート温度の確認

ここで事前準備の段階で
貼り付けたシール型温度計で
ウォートの温度を確認します。

イースト菌は、温度が高いと死滅してしまいます。

35度以下、真夏でない限りは常温になっていればよいと思います。

⑤ イースト菌の投入

ドライイースト

発酵容器の中にイースト菌を全量投入します。
残りの水2リットルも加えてさらによく攪拌します。

⑥ストッパーとエアーロックの取り付け

上のほうの画像ではもう取り付けちゃってましたが

ストッパーにエアーロックを差し込みます。

フタ部分はまだ取り付けずに、
ストッパーごとエアーロックを
発酵容器の口に取り付けます。

そしてウォートを暗所に置きます。

ここで発酵が進みますので、
あまり外的な変化の場所がベターです。
日差しが入るとか、寒暖差が激しい場所は避けましょう。

エアーロックにフタを取り付け、
水をラインまで入れウォートを放置します。

エアーロック

エアーロックに先に水を入れてしまうと、
発酵容器を持ち上げたときや
ストッパーを容器の口に差し込むときに水が溢れてしまいます。

エアーロックの水は最後に入れます。

この発酵の際に、ダンボール等で暗闇を作ってやるのがベターです。

さて、これで仕込みは終わりです。

イーストを投入してしばらく経つと
ウォート内で盛んに発泡が見られます。

おめでとうございます!
仕込み成功です。

次回は一時発酵編です。
私の場合、この一時発酵でトラブルがありましたので
その顛末もご紹介したいと思います。

クラフトビールカテゴリの最新記事