EVANGELIONと日本刀展行ってきました!そのうち記事上げます。

オールレザー長財布『TIDY / タイディ』自分で育てる整理整頓ウォレット 徹底レビュー

オールレザー長財布『TIDY / タイディ』自分で育てる整理整頓ウォレット 徹底レビュー

「TIDY(タイディ)」本革長財布を徹底レビュー!

整理整頓長財布「TIDY」 ワイン

 

「TIDY」整理整頓長財布とは?

財布に必要な収納力と使いやすさを両立し、本革の持つ風合い、エイジングも楽しめるレザー長財布「TIDY」

クラウドファンディングで支援金額2,000万円以上を達成したという本革製ロングウォレットです。

こちらを徹底レビューします。

「TIDY」の収納力は?

財布、ウォレットを選ぶ上で欠かせない要素のひとつがしっかりとした収納スペースがあるかどうか。

カードスロットは15口とたっぷり!

財布のサイドに3段×2列=6口のカードスロットがあります。
それが両サイドにあります。

そして中央のカードスロットは3口。

さらにそれぞれのカードスロットには複数枚のカードを入れられます。
厚手で2枚、薄目のカードなら3枚は入ります。

整理整頓長財布「TIDY」 カードスロット

またひとつのスロットにそれだけのカードを入れても出し入れはスムースで余裕があります。

単純にいちスロットに2枚カードを入れれば30枚入ります。

カードの厚みにもよりますが「TIDY」ひとつに40枚以上のカードを入れることも可能です。

普段使いのカードを入れる容量としては十分なスペースです。

オススメの使い方は、両サイドのスロットには、たまに使うカードを入れて、中央のスロットにはよく使う、使用頻度の高いカードを入れます。

整理整頓長財布「TIDY」 ワイン 収納

私の場合は、片側(6スロット)には診察券や保険証、公共施設関連のカードといったものを入れています。

病院に行くときや身分を証明するもの、普段使いはしていないキャッシュカードなど使用頻度は高くないけど重要で公的なカードを入れています。
それから反対側(6スロット)にはポイントカードなどを入れています。こちら側は比較的商業・サービス関連を多く入れています。

注目が中央の3つのスロット。
こちらは「TIDY」を開いたとき、すぐに取り出せる位置にありますので、よく使うカードを入れています。

一番使うキャッシュカードとよく行くカフェチェーンのカード×2枚、そしてメインのクレジットカードです。

この4枚でたいていの用事は片付きますので、中央のカードスロットのおかげでカードの出し入れがずいぶん楽になっています。

ポケットは4カ所

整理整頓長財布「TIDY」 ワイン 収納ポケット

レシートやクーポン券、ちょっと取っておくメモや紙切れなど、意外と多いのがペーパー類。

そしてそれらを収納するポケット部分が「TIDY」には4カ所あります。

場所は両サイドのカードスロットの裏側2箇所と中央、それから片方のカードスロットの前です。

このポケットもカード同様に、その種類で入れる場所を分けると使いやすいです。

私の場合、切符やチケットなどすぐに使う、後で取り出さなければなないもの、それから忘れてはいけないメモなどは中央のポケットに入れています。

前述の通りカードもよく使うものを中央に集中して入れていますので、たいていはここだけで用が足ります。

財布を開けばそれらの切符などがすぐみつけられるので、出先などでもストレスなく使い勝手がよいです。

そして両サイドは使用頻度が低いものを入れています。
先ほどのカードスロットの公的←→商業サービス的な区分けにして入れています。

こうすると、クーポンやポイントカードはこっち、診察券はあっち側とすぐにわかって整理も悩まず楽です。

もうひとつのカードスロットの前は、今のところ収納的に間に合っているので私は金運のお守りを入れています。

さらにお札を入れるポケットがあります。
ここには仕切りが一枚入っています。

整理整頓長財布「TIDY」 ワイン 収納ポケット

高額紙幣(五千円札や一万円札)と千円札の仕切りに使っています。

自動券売機などで、お札をまとめて入れたりすることがある際に、高額紙幣と千円札が一緒ですとうっかり者の私はお釣りを取り忘れたりする事がありますのでそれを防ぎます。

また手持ちの現金がどれくらいあるかもお札が分かれているとぱっと分かります。

収納については、これまで私が持った財布の中では間違いなく最強です。
「TIDY」で入りきらない場合は、逆に入れているモノの見直しが必要かもしれません。

また、収納でひとつだけ注意点があるとしたら小銭です。
小銭がかさばった場合は、その厚みの分だけ財布がふくらんでしまいファスナーがゆがみます。

整理整頓長財布「TIDY」 ワイン 収納 コイン

小銭部分もガバッと開くのであまりこういうことはないと思いますが、出先などでとりあえずお札で払って小銭が貯まってしまうようなときには財布がパンパンになってしまうときがあるかもしれません。

ほんとに微々たる部分ですし、あくまでこういうときもあるかな、という程度ですので「TIDY」の収納力、そしてガバッと開いたときの一覧性は非常に高いクォリティだと思います。

エイジングが楽しめるプルアップレザー

整理整頓長財布「TIDY」 ワイン

「TIDY」にはオイルを多く含んだ「プルアップレザー」が使われています。

オイルを多く含んでいると聞くとツルツルのピカピカで、ともするとべたっとした手触りを想像する方もいるかもしれませんが、実際の印象は真逆です。

例えるなら、ヌバックのような手触りです。

キズやこすれにデリケートな印象があります。
また水濡れなども極力避けたいです。

しかし不思議なことに私は仕事にもプライベートにもこの「TIDY」を使っているのですが、いまのところ目立ったキズや水濡れによるシミなどは起きていません。

意外と丈夫なレザーなのかな、というのが私の感想です。

また経年変化、エイジングについては、初日から次の日でも色が濃くなってきます。
いったい製造段階でどんな色なのか、相当うすい、明るい色なのだろうと思います。

そしてこのエイジングが、「TIDY」を自分だけのオンリーワンの財布へと成長させていってくれるのだと思います。

ファスナーは安心、信頼のYKK

整理整頓長財布「TIDY」 ファスナー

ファスナーの開閉は財布の場合、非常に重要でここが堅かったりしてスムースでないとストレスになります。

「TIDY」は、とてもスムースにファスナーを動かすことができます。

日に何回も開け閉めすることのあるジッパーですから、スムースであることは使い勝手に直結します。

高額な財布でも、ファスナーが堅ければそれはあまりいい財布といえないのではないでしょうか。

今までそんなことは気にしたことがなかったのですが、「TIDY」を使ってみてジッパーの快適さが財布の満足度、使い勝手に大きく影響してくるのがわかりました。

また、L字型のファスナーについて、ラウンド(いわゆる「コ」の字型に財布を取り囲むような配置のファスナー)タイプではないので、そこがどうなのかな、と考えていました

しかしここもむしろL字型で大正解で、しっかりと閉めることができて中身を守ってくれます。

整理整頓長財布「TIDY」 ワイン

そしてこのL字型に慣れるとラウンド型は開閉時の動作がひとつ多いように感じてしまいます。

このあたりもしっかりと考えられている「TIDY」
財布を開くことにストレスがありません。

オーソドックスなデザイン
全体のデザインはとてもシンプル。
財布は普段から使うツールであり、アクセサリー的な側面もあります。

どんなおサイフを持つかで個性が出ますし、気に入った財布を持ちたいですよね。

普段使いということは経年で汚れてしまったり、パーツがなくなってしまったり、端がすり切れてしまったり、いろんなことが起こると思います。
そのときに、エイジングを楽しむということが前提であればそのキズやかすれも愛着のひとつにできるのが「TIDY」の良さ、強みかなと思います。
もしあなたがエイジングを楽しむということにグッとくるなら「TIDY」とてもオススメです。

コストパフォーマンスよし!

整理整頓長財布「TIDY」 比較 前の財布

しっかりしたおサイフが欲しくていろんなところに足を運びました。

百貨店、デパートはもちろん、レザー専門店など、もちろんネットも駆使していろいろな財布を検討しました。

カミさんもちょうど財布を探していたので、一緒にいろんな財布をみたのですが、正直「なかなかいい財布がない」というのが一致した意見でした。

価格が異様に高かったり、今はいいんだけどすぐ飽きそうだな、とか。

それから私の場合、ビジネスシーンでも使うことになるので、あまり攻めたデザインのものを使うのもはばかられるという感じでした。

行き着いたのはシンプルだけど個性的。

プライベートでも、またいち会社員としてビジネスでも使えるとなると、オーソドックスなものに行き着くんですね。

そこで目を付けたのが豊富なカラーバリエーションとレザーのエイジングが楽しめる「TIDY」です。

カラーはブラック、チョコ、キャメル、ネイビー、ダークグリーン、ワイン、レッド

これは好き嫌いで選んでいいと思います。

整理整頓長財布「TIDY」 ワイン

私は画像のワインを選びました。

これでエイジングをしていくと焦げ茶っぽい色になっていくのじゃないかな?と考えています。

さてさて、いかがでしょうか。

がっつりレビューしてみました。

財布選びって結構迷ってる方多いんじゃないかと思います。
私もこの「TIDY」を買おうか迷っているときに、買った人の詳しいレビューがあったらいいのに!と思ったので書いてみました。

もちろんいち個人の感想でしかないのですが、購入検討にあたり少しでも参考になればと思います。

TIDY(タイディ)自分で育てる 整理整頓 長財布カテゴリの最新記事