EVANGELIONと日本刀展行ってきました!そのうち記事上げます。

きっかけは地下鉄のベイダー卿 スターウォーズ 東京メトロスタンプラリーをやってみた

きっかけは地下鉄のベイダー卿 スターウォーズ 東京メトロスタンプラリーをやってみた

ある日、引かない汗を拭いながら地下鉄に乗ろうと連絡通路を歩いていると見慣れたシルエットの描かれたポスターが。

まさかと思い近づいてみると敬愛するベイダー卿の面がありました。

「おお!」

印刷された文字を追っていくとスタンプラリーとのこと。

スタンプラリーなんて生まれて此の方やったことありませんが

他ならぬスターウォーズが題材とあれば

「やるしかない!」

というわけで、やってみることにしました。

スターウォーズスタンプラリー 概要

まず期間は2019年7月27日~2020年1月13日まで

「ずいぶん長いな、おい」

まずそう思いました。
半年弱?
その間、ずっとベイダー卿が連絡通路を見守ってくれるのかしら?

ま、ワタシはうれしいですけどね。

で、まわる駅が全部で7ヶ所。

京橋・上野・有楽町・六本木・新宿三丁目・豊洲・高田馬場

「どこもそんなに離れているわけではない」

スタンプの設置時間が9時~20時

「ふむふむ」

開催期間が長くて、回るのはすべて都内の駅で見知っているし、駅数も7。

「楽勝だな」

ざっと観たワタシの感想です。

しかしこの安易な思い込みが後の悲劇となります…。

スターウォーズスタンプラリー参加方法

ポスターをさらに見ていくと、まずは各駅に設置してあるラックから専用リーフレットを入手せよ、と。

なんとなくラックらしきものは改札口近辺で見たことがあるな、と思い、改札に入る前にあたりをキョロキョロ。

「あった!」

ポスターと同じ絵柄の表紙で細長いリーフレットです。

「なかなかかっこいい!」

もう信者ですからね、スターウォーズの。
なんでも誉めちゃう。

リーフはじゃばら折りになっていて開くとまずはスタンプラリーについての説明書き。
なんたらかんたら書いてあります。

さらに開くとスタンプ押印ページ。

ダース・ベイダーやボバフェット、ストームトルーパーの文字が胸を躍らせますな。

それからなにやらスターウォーズの展示会のお知らせが記載してあります。

どうやらこのスタンプラリー自体がこの「STAR WARS Identities:The Exhibition」とのコラボレーション企画らしい。

入場料¥3,200!!

これに行くかは後で決めよう…

まずは、スタンプラリーをやっつける。

スターウォーズスタンプラリー 攻略に向けて

スタンプラリーの肝はやはり、どれだけ効率よく回るかということだと考えました。

そこで回るべき7駅の間の所要時間をすべての組み合わせで調べました。

ワタシの住まいが小田急線沿いということでスタートは新宿三丁目駅でゴールは達成賞の受け取り場所である京橋にします。

残りの5駅をもっとも効率の良い流れで組み合わせます。

一番短い分数をつなぎ合わせれば、最短だ!

「やっぱり天才かよ、オレ」

自画自賛もつかの間、どの組み合わせも所要時間はだいたい100分でした…

試しにゴール地点だけ京橋に固定してスタート地点を変えてみましたがあんまり差がない…

「なんだよ、100分もかかるのかよ…」

鉄道に詳しい方なら、もっと突っ込んだ、よりクレバーな流れを作れるのかもしれません。

しかし、まぁよほどへんな回り方をしなければ大差ないらしいということがわかった、というとを収穫としましょう。

決行日 スターウォーズスタンプラリーをコンプリートする

新宿三丁目駅

週末まで手をこまねいていたわけではありません。

新宿三丁目は帰り道に、六本木駅は行く機会があったのでスタンプを押しておきました!
新宿三丁目駅はダースモール。

六本木駅はストームトルーパーでした。

ワタシ、ダースモールのスタンプを押しながら、7つスタンプを押すとしてそのキャラクター7人を自分が企画者なら誰にするかと考えてしまいました。

dav

①ダース・ベイダー これははずせない。
②ストームトルーパー スターウォーズのアイコン的存在
③R2-D2 主役の一人といっても過言ではない
④C-3PO こちらも一目見ればスターウォーズとわかるキャラクター
⑤ボバフェット こちらも敵方としては代表キャラクター
⑥チューバッカ 言わずと知れたハン・ソロの相棒
⑦ヨーダ 欠かせない

ハン・ソロとかルーク、レイア、オビ・ワンも入れようかと思ったんですが、スタンプということを考えると人間の顔よりはマスクやエイリアンの方が合いそうな気がします。

で、今回のスタンプのラインナップを眺めてみると
ヨーダ
ダースベイダー
ボバフェット
ストームトルーパー
C-3PO

この辺まではいいんですが、

ダースモール
クイーン・アミダラ

このあたりは微妙だな、と。

さらに言うとディズニーが関わってからのキャラクターはいないですね。

思うにキャラクーの使用料と権利が全然違うんでしょうね。

きっとハン・ソロなんかはハリソン・フォード側ががっちり権利を抑えてるでしょうし。

ルークもそうでしょう。

ルーカスフィルムとディズニーの綱引きもありそうですし。

ワタシはスターウォーズかディズニーになるときに大変期待したんですが、結果としてディズニーがスターウォーズの名を借りた別物を作ってしまったせいで失敗してしまったと言わざるを得ない状況でしょう。

結果として、スピンオフ作品から撮ってみて、反響を見ながらサーガに手を出した方が良かったですね。

しかし、人選というか、監督がアレですね。
作家性もなにもない、スターウォーズを撮るという名声だけを喜んでいる要領のいい感じがディズニーには好まれるのでしょうか?

大変、残念です。

その点、ローグワンは、すばらしかった。
スピンオフ作品として本編と異なるテイスト、プロット、結末でしっかりと本編へと繋げているあたりスターウォーズへの思い入れと責任感の表れを感じます。

話が逸れました。

ま、スタンプのラインナップが微妙だな、ということで。

スタンプ設置の各駅通路にはこうした案内が貼られています。

で、それに従ってテクテク歩いていくとスタンプ台が置いてあって、押す、と。

ダースモールも同様です。

スターウォーズ スタンプラリー 高田馬場 クイーン・アミダラ

で、週末にまず向かったのが高田馬場

ここだけちょっと離れてるんですよね。
で、最初につぶしとこうと。

高田馬場に着いて改札まで行ったんですが、スタンプはこっちだよの案内もないし、スタンプ台もない。

「なんで?」
と思い、駅員の方にうかがってみると、なんと棚からスタンプ台が出てきました。

スターウォーズ スタンプラリー 有楽町 ボバフェット

お次は有楽町へ。

高田馬場から東西線で飯田橋まで出て、そこから有楽町線で向かいます。

この乗り換えがけっこう遠い、歩く。

しかしまだ元気ですので、ガンガン歩きます。

で、あったあった、ボバフェット。

長い地下通路を歩くとスタンプ台がありました。

先客がいて

「他にもやってる人いるのね」

となぜか、ちょっと安心してしまいました。

スターウォーズ スタンプラリー 豊洲 C-3PO

次はこのまま有楽町線で豊洲へ

ここのスタンプ台も改札からちょっと離れていて、テクテク歩く。

まだ元気。

しかし、ちょっといやな予感がしてきていて、結構歩くんですよ。

豊洲のららぽーとでちょっとぶらついて、次へ

スターウォーズ スタンプラリー 上野 ダース・ベイダー

豊洲で充電して、有楽町線で新富町へ、そこから日比谷線の築地駅まで歩きます。

このあたりで酷暑の日射しもあり、かなり消耗してきました。

足も痛くなってきて、口数も減ってきます(独り言じゃないよ)。

そして上野へ。

ここも駅の改札を出てからずいぶん歩きました。

ワタシ思うんですが、ホームに案内を出しておいてほしいですね。

出る改札で全然違ったところに出ちゃいますから。

あるいは複数スタンプ台を設置するとか。

というわけで、ぐったりしながらラストの京橋を目指します。

スターウォーズ スタンプラリー 京橋 ヨーダ

最後はやっぱりヨーダか。

もう歩きたくない…。

ヨーダのスタンプだけインクがグリーンなのがいいね!

などと感心してるのはワタシだけでしょうか。

京橋でスタンプを押しましたので達成賞の引き替え場所に向かいましょう!

中央区観光情報センター 達成賞 ダースベイダー メモの引き替え

京橋駅から5分くらい京橋エドグランという立派なビルヂングに向かいます。
その地下一階に中央区観光情報センターがあります。

休日とあってビジネス街のこのあたりは人がいない。

なんだかとても贅沢な空間の使い方です。

こんなところあったんですね。

で、早速、受付に向かい、スタンプをコンプリートしたリーフレットを差し出すと達成賞受け取り済みのハンコを押されました。

そして、達成賞を受け取ってワタシは愕然としました。

メモがちっちゃい!

薄っっ!

なんじゃこりゃあ!

東京メトロの24時間乗車券というのがあって、それを家族3人分(大人一人600円を二枚、子供300円を一枚)購入して臨んだのにこれが達成賞…

く、く、く…

スタンプラリーってそういうもんなの?

電車に全く興味のない家族三人が一日かけて都内を巡って足を棒のようにしてこれか???

ワタシは一日つきあってくれた二人に謝罪するという謎の結末で京橋を後にしました。

これから、スタンプラリーをする方に

今回のスタンプラリーは前半、後半に分かれていて、前半である今回はダースベイダーのメモ帳(いや、メモ用紙のつづりといった方がいいか?)で、後半はヨーダです。

やる前は、ヨーダもゲットするぜ!と思っていたんですが、もうやりません。

そもそも、スタンプラリーって対価を求めてはいけないものなんですかね?

かけた費用と時間を考えるとファンのワタシでも厳しい評価になります。

電車に乗ること自体が楽しめる方は全然アリだと思いますが。

これから、スタンプラリーをされる方にアドバイスを

①歩きやすい靴、服装で

けっこう歩きます。車内は座れることも多いので、そんなに気にしなくても大丈夫です。

②どの改札口に近いのかリサーチする。

電車での移動はむしろおまけで本編は歩行にあります。
その歩行を短くすればぐっと楽になります。

設置場所を記載しておきますので参考にされてください。

京橋駅    銀座線       銀座方面改札付近
上野駅    銀座線・日比谷駅  上野公園方面改札付近
有楽町駅   有楽町線      駅事務室付近
六本木駅   日比谷線      西麻布方面改札付近
新宿三丁目駅 丸ノ内線・副都心線 高島屋方面改札付近
高田馬場駅  東西線       明治通り方面改札付近

③もしかしたら駅員さんのいる改札ならスタンプがある?

高田馬場駅で、スタンプ台がみつからず、駅員さんに聞いたらスタンプが出てきたことを後になって考えてみると、スタンプ台が改札(人がいるところ)には置いてあるのではないか?と思いました。

これは確認していないのですが、駅によっては改札口が相互移動しにくいところもあるので、その対応策は取られている可能性が駅によってはありそうだな、と思います。

豊洲駅は改札が一カ所だと思うので、そういうことはなさそうですが、上野や新宿三丁目はアリかもしれません。

まとめ

とにかく、夏ならば水分をしっかりとって、冬なら防寒をしっかりして、体調をくずさないように楽に楽に、回られることをオススメします。

それから達成賞のメモに期待してはいけません。

あしからず!

STAR WARS 東京メトロスタンプラリーカテゴリの最新記事